共働きカップルが20代でfireを目指すブログ

共働きカップルがfireを目指しながら副業・キャリア・節約・資産運用に関するお役立ち情報を発信します。

【まだまだチャンスアリ?】DeFi・イールドファーミングを始めましたので基本を解説

【まだまだチャンスアリ?】DeFi・イールドファーミングを始めましたので基本を解説


こんにちは!彼氏です。

漸く重い腰をあげて仮想通貨に改めて本腰を入れ始めました。

 

しばらくビットコインをガチホしていたんですが、去年は凄まじい値上がりがDefi関連ではあったようなので今更遅いというのは重々承知した上で取り組んでみることにしました。

 

本記事では私自身の理解の確認も踏まえてDeFi・イールドファーミングについて解説していきます。

 

私自身取り組み始めて日が浅いのですが、かなり可能性は感じていてまだまだチャンスはあるなと思っており取り組む価値は十分にあると思うので食わず嫌いにならずに皆様に取り組んでもらいたいなと思うので興味のある方はぜひ読み進めてみてください。

 

それでは早速行ってみましょう!

 

 

DeFiとは?

DeFiとは「Decentralized Finance」の略称です。翻訳すると「分散型金融」といい、ブロックチェーン上で構築できる金融サービスのことを指します。

 

DeFiブロックチェーンが基盤ですが、ブロックチェーン技術をより進化させたものとなり、金融資産の管理を行うことができます。

 

具体的には金融機関などのように中央で金融資産を管理する中央集権システムを必要としません。国内の仮想通貨取引所は中央集権システムと言われており、入出金に時間がかかることや手数料の高さがデメリットとなっていますが、DeFiであればこれらの問題を解決できると言われています。

 

CeFi(銀行・仮想通貨取引所)との違い

そんなこと言われてもわかんねーよって話だと思いますし、私自身わかりにくかったのでDeFiと対比されているCeFI(銀行・仮想通貨取引所)との違いという観点で解説していきます。

 

CeFiとは「Centralized Finance」の略称で、日本語では「中央集権型金融」という意味です。CeFiは銀行や仮想通貨取引所のようにサービスを運営する中央管理者を介する従来の金融サービスであるため主体が決まっています。

それに対してDeFiブロックチェーン技術を利用して誰でも自由に検証や閲覧ができるため透明性が高いサービスとなっています。

 

主権がそれぞれの参加者にあるのがDeFi

主権が銀行・取引所にあるのがCeFiと覚えておけば良いでしょう。

 

DeFiのメリット

DeFiのメリットは以下の通りです。

・手数料が安い
・地域に左右されず利用可能
・金融機関の仲介が不要

それぞれ解説していきます。

 

手数料が安い

DeFiは金融機関が管理する中央集権型よりも手数料が安くなると言われています。

(ただ、ガス代と呼ばれる取引手数料が特にDeFiでよく使われるイーサリアムで高騰している状況なので多少値上がりはあります)

 

中央集権の場合は金融機関が仲介する必要がある分、余計な仲介手数料が発生してしまうのに対しDeFiブロックチェーンを利用していることから金融機関を仲介する必要がないため、当事者同士で直接取引が可能であり、不要な手数料はかからなかったり、手数料がかからない分、DeFiで資金を貸す場合も高い金利を受け取りやすいというのがあります。

 

地域に左右されず利用可能

金融機関の仲介がないDeFiでは口座開設の特別な審査がないため、地域に左右されず利用可能です。銀行口座を所持していない成人は2018年時点で世界中に約17億人いるといわれています。従来の金融サービスが利用できない状況の方でも、DeFiによって地域の垣根がなくなれば、住んでいる地域に関係なく金融サービスを利用できるので参加者がどんどん増えると言われています。

 

金融機関の仲介が不要

当事者同士がやり取りして直接振り込むことができるDeFiは金融機関の仲介が不要です。お金を振り込む際、従来ならば銀行などの金融機関を介す必要がありましたが、DeFiであればブロックチェーンを介して当事者が直接振り込めまるので確認等も必要なく取引時間も大幅に削減されます。

 
DeFiのデメリット

手数料の安さなどメリットが多く魅力的なDeFiですが、デメリットも当然ありますので、利用する場合はデメリットもしっかりと把握しておくべきなので合わせて解説していきます。

 

DeFiのデメリットは以下の通りです。

・トラブルが起きたらユーザーの自己責任
バブル崩壊のリスク

それぞれに解説していきます。

 

トラブルが起きたらユーザーの自己責任

DeFiではシステム障害などが原因で、サービスの利用中に起きたトラブルは自己責任になります。金融機関が仲介している場合は運営者が明確なため、補償制度がしっかりしていますが、DeFiは金融機関が存在しないため補償制度がありません。そのため何かあったときは自分でなんとかする必要がある。逆にいうと何かあるかもしれないからそのとき自分のお金が0になってしまう可能性もあるということもあるので資金管理は意識するようにしてください。

 

バブル崩壊のリスク

前述のとおり、DeFiは暗号資産業界で注目を集めているシステムですが、誕生してから日が浅いこともあり。バブル崩壊のリスクは常に抱えているというのは意識してください。

 

 

イールドファーミングとは

続いて具体的にDeFiを使って稼いでいく方法について。

イールドファーミングというものがあります。

イールドファーミングとは暗号資産などをDEXなどに貸し出す見返りに、利息や手数料を受け取れる仮想通貨の新しい運用方法です。

 

ちなみにDEXというのは「Decentralized Exchange」の略称で、日本語だと「分散型取引所」という意味です。

 

金融機関のような中央管理者を必要としないで管理・処理されている取引所となります。株の取引所や仮想通貨の取引所は運営元がいるわけですが、その運営元がいないタイプの取引所と思ってもらえれば良いです。

 

DEXを活用すれば、仮想通貨を取引所へ預ける必要がなくなり、ウォレットを通じて当事者同士の直接取引が可能なんですね。

 

このDEXでイールドファーミングを行なっていきます。

 

DEXがそれほどの利回りを仮想通貨保有者に提供できるのは、付与する新規トークンの価値が変動するのが大きな要因です。

 

新規トークンを付与したとしても、その価値が低ければ仮想通貨保有者はリターンを受けられせん。

イールドファーミング得られるリターンは、DEXから付与されるトークンの枚数と、そのトークンの価値で決まります。

そしてトークンの価値はサービスがいかに人気であるかで決まり、サービスがいかに人気であるかを決定する重要な要素は流動性、つまり預けられている仮想通貨の量です。

 

仮想通貨保有者が仮想通貨をDEXに預ける

DEXに流動性が提供される

DEXが見返りとしてトークンを付与する

トークン目当てに新たな仮想通貨保有者が仮想通貨をDEXに預ける

またDEXに流動性が提供される

トークンの価値が上がる

といったような好循環ができあがります。

まあ言ってしまうと若干ネズミ溝チックではあるのですが、市場に人が流れ込み続ける限りは高騰が続くということになりますね。

 

ですのでどこかのタイミングでは大きく暴落する可能性も秘めているため状況については注視していく必要があります。

 

どのDEXに預けるのか、どの仮想通貨を預けるのかによって利回りは大きく変化しますが、数%から高いと数千%の利回りを受けられるのが大きな魅力です。

 

イールドファーミングができるおすすめのDEX3つ

イールドファーミングができるDEXを3つご紹介します。

・Compound

・Uniswap

・PancakeSwap

 

Compound・Uniswapはイーサリアムネットワークを基盤にしているのに対しPancakeSwapはバイナンススマートチェーンというプラットフォーム上に設計されているのが特徴です。

 

Compound

https://compound.finance/

Compoundは2018年8月に設立された先駆けとなるサービスです。Compoundのレンディングサービスを利用すると貸し出した仮想通貨の代わりとなるcTokenを受け取れ、これをイーサリアム上のブロックチェーンで利用できます。

クロスチェーンプラットフォームのGatewayを導入しており、イーサリアム以外のブロックチェーンでも仮想通貨の取引が実施可能です。


Uniswap

https://uniswap.org/Uniswapは2018年11月に設立されたイーサリアムブロックチェーン上で構築されているDEXです。

またAMM(自動マーケットメーカー)でもあり、スマートコントラクトにより取引所にプールされている仮想通貨の量でシステム的に価格が計算され取引は実行されます。

 

PancakeSwap

https://pancakeswap.finance/
PancakeSwapもAMM形式を採用しており、プールを通じた取引が可能なDEXです。

独自トークのCakeは、売買により利益を狙える仮想通貨でもありますが、流動性プールに預けると利息としてBSC系の仮想通貨を受け取ることができるので稼ぎ口が広いこと、また手数料が安いので始めやすいのが特徴です。

 

私は今Pancakeswap・Uniswapを行っています。

やるのであれば手数料が安いPancakeswapはやはりとっつきやすいのと、もし複数種類やるのであればイーサリアム系で1つ・バイナンス系で1つというような形でやるのが良いと思います。

 

まとめ

今回は【まだまだチャンスアリ?】DeFi・イールドファーミングを始めましたので基本を解説ということで、DeFiや遺ールドファーミングについて実際に調べながら触っていったので私の理解を踏まえてご紹介していきました。

 

まだチャンスは残っているなと個人的には感じたので参入してみても良いのではないかと思います。

 

興味のある方は是非参考にしてみてくださいね。

今回の記事が皆様のお役に立てば嬉しいです。

長くなりましたがこの辺で!!

See you soon!!