おかめ@20代パワーカップルがセミリタイアを目指すブログ(副業・キャリア形成・節約・資産運用)

セミリタイアを目指す20代兼業大家♂×収益6桁ブロガー♀のパワーカップルが副業・キャリア・節約・資産運用に関するお役立ち情報を発信します。

Googleにインデックス登録は大切です【超初心者向け】

自分の記事が検索されない時の対処法〜Googleにインデックス登録をリクエストしてみましょう

 

こんにちは!おかめです。

 

自分がせっかく記事を頑張って書いたのになぜだか検索されないということってないでありませんか?

 

恐らくその場合は自分の記事がGoogle様に認識されていないことがほとんどです。

 

ユーザーがGoogle検索をすると、検索結果が順位付けされて表示されます。

それはGoogleがあらかじめWebサイトの情報を収集・評価し、データベースに格納(インデックス)しているからです。

収集・評価作業は、検索エンジンロボット(クローラー)が世界中のWebサイトを巡回(クロール)して行なっているのです。

 

ですので、自分が新規作成したページをクロールしてもらいインデックスしてもらうことが必要なのです。

 

今回は自分でできるクロール・インデックス登録を依頼する方法をご紹介していきます。もし自分の書いた記事がなかなか検索されないと感じた時には対策として取り入れるようにしてみてくださいね。

 

それでは早速行ってみましょう!

 


インデックス登録とは?

インデックス登録とは、GoogleにWebサイト上にある自分のページを見つけて、そのページの内容を読み取ってもらいGoogleのデータベースに情報を格納してもらうことを指します。

 

インデックスをしてもらうには、Googleのロボット(クローラー)にWebサイトに来てもらう(クロールといいます)必要があります。

 

簡単にいうとGoogleさんの巡回ロボットに自分が新しく作ったページを認知してもらってこんなページがあるんだぞということを登録してもらうと自分のページが検索で表示されるようになるということです。

 

Googleにインデックスさせるには3つの方法

GoogleのロボットがWebサイトをクロールするためには、クロールするべきURLをリクエストする必要があります。


URLを通知またはクロールをリクエストする方法は大きく3つあります。

自分のWebサイトや外部サイトからのリンクで見つけてもらう
XMLサイトマップで見つけてもらう
URL検査ツールを使う


このうちXMLサイトマップとURL検査ツールに関してはGoogleサーチコンソール上で管理や実行することができます。
Googleサーチコンソールにまだ登録していないのであればあらかじめ登録しておくようにしてくださいね。

 

と、いうことで3つの方法を具体的にご紹介していきます。

自分のWebサイトや外部サイトからのリンクで見つけてもらう

まず1つ目で最も重要なのは、リンクを通じてURLを発見するというものです。
Googleクローラーは、ページをクロールしている際にリンク(href属性が指定された<a>タグ)を見つけると、リンク先のページをクロール予定のリストに加えます。

 

この際リンク先がサイト内部か外部かであるかは特に関係はありません。

Webサイト内の以下のどこかに、適切にリンクを貼っておいて、クローラーがリンクを通じてページを見つけられるようにしておきます。

グローバルメニュー
パンくずリスト
サイドバー
フッター
コンテンツ内からのリンク

そうすることによって、Googleさんはあなたが作ったページのURLを見つけて定期的に巡回してくれるようになります。

ちなみにもしあなたの作ったページにどこからもたどり着く方法がない場合は一生見つけてもらえないことも。。

新たにページを公開した際は特に、基本的には内部リンクでたどれるように設定しておくことがおすすめです。

 

XMLサイトマップで見つけてもらう

Webサイト内のインデックスしてもらいたいページをまとめたXMLサイトマップ(sitemap.xml)を作成し、Googleサーチコンソールから送信する方法です。

これにより送信したURLのインデックス状況などを把握することができるようになります。

サイトマップは大規模のサイトであれば意識する必要はありますが、基本的には個人で作るようなレベルの規模のサイトであればサイトマップをわざわざ作らなくても問題ないことが多いです。

内部リンクをしっかりとつけておけばOKです。

私も特にサイトマップの登録はしていません。

 

URL検査ツールを使う

基本的には、GoogleサーチコンソールにXMLサイトマップを送信すれば、新規ページは公開後まもなくインデックス登録されます。

何らかの理由でインデックスまでに時間がかかっている場合もしくは時間がかかることが予想される場合は、GoogleサーチコンソールのURL検査ツールを活用するのが良いです。

 

URL検査ツールを使うと、ページ(URL)のインデックス登録をクローラーにリクエストすることができます。

 

これを使うことで、自分からこのページを作ったからインデックス登録してもらえるんですね〜。

 

 

インデックスの有無を確認するには?

ページが実際にインデックスされているかどうかを確認するには、GoogleサーチコンソールのURL検査ツールを使用します。

Googleサーチコンソール上部のボックスに確認対象のページ(URL)を入力します。

 

入力するとインデックス有無の検査結果が出てきます。

ちなみに次の5種類があります。

・URLはGoogleに登録されています
・URLはGoogleに登録されていますが問題があります
・URLがGoogleに登録されていません。インデックス登録エラー
・URLがGoogleに登録されていません
・URLは代替バージョンです

 

「URLはGoogleに登録されています」と「URLはGoogleに登録されていますが問題があります」については、すでにインデックスされています。

つまりGoogleさんに認識されている≒検索すると表示されるということですね。


ただし、問題がありますと表示されているのであれば、カバレッジレポートを確認するとよいでしょう。モバイルユーザビリティや構造化データなどのエラーがあるのでそこは確認が必要です。

 

その他の3つのメッセージが出た場合はインデックスされていません。結果の下に表示されるカバレッジレポートから原因を特定して改善することが必要です。

 

ページがインデックスされていない場合の対応はどうすれば良いか?

インデックスされていない場合のメッセージについて解説していきます。

 

URLがGoogleに登録されていません。インデックス登録エラー

このメッセージが表示される場合、Googleがクロールまたはインデックス拒否の指示を受けている場合があります。
カバレッジレポートには「クロールエラー」などと表記が出ていることが多いです。

 

以下のような点を確認してみてください。

ページのクロールを拒否するような設定をしてしまってないか
IPアドレスやユーザーエージェントによりGooglebotを拒否していないか
ページにnoindexタグがついていないか
Webサイトが閲覧可能な状態になっているか


URLは代替バージョンです

このメッセージが表示される場合、Googleが他に正規ページがあると判断してしまっている場合が多いです。


カバレッジレポートの中の、正規URLに関する項目を確認するようにしましょう。

 

Googleが選択した正規URL」が「ユーザーが指定した正規 URL と同じ」となっていれば問題ありません。

 

Googleが選択した正規URL」に「ユーザーが指定した正規 URL」と異なるURLが記載されている場合は、調査対象のURLが重複している可能性があります。

 

この場合は検索結果にも出現しなくなってしまうので対応が必要です。。

 

URLがGoogleに登録されていません

ページがインデックスされていない要因としてはクロールによるものかコンテンツに夜もののどちらかになります。

 

クロールによるものについては、Webサイト内に不要なページが多すぎないかを確認するようにしましょう。


クローラーには、「クローラーバジェット」といって、1つのWebサイトで巡回できるページ数に上限値が設けられています。Webサイト内に不要なページが多すぎる場合、クロールバジェットが枯渇して十分にクローラーが巡回できていない可能性があります。

 

サーチコンソールのメニュー「インデックス」>「カバレッジ」のカバレッジレポートで、インデックスされているページ数と、意図的にインデックスされていない「除外」ステータスのページ数を比べてみます。

 

「除外」ステータスになってしまっているページが明らかに多い場合は、その原因を取り除くことでインデックス状況が改善する場合があります。

 

他サイトからのコンテンツを拝借するなど、サイト自体のオリジナリティが低くなっていたりするとグーグルさんからこのページはわざわざ見にいく必要がないなと判断されてしまうこともあるので極力他サイトのコピペはしないように注意してください。

 

コンテンツによるものとしては重複が挙げられます。

そのページのコンテンツが他のページの内容と被ってしまっている場合は質が低いと見做されてインデックスされないことがあります。

Googleから重複コンテンツであると見做されないように各ページ間での独自性を意識するのが良いと思います。

 

 

まとめ

今回は自分の記事が検索されない時の対処法ということでGoogleにインデックス登録をリクエストすることの効果について解説しました。

 

最近はSNSによる流入も割と増えてきているので、ブログにおいて検索流入の占める割合は減ってきたから軽視する方も多少いたりします。

 

とは言え、まだまだ検索流入は主流ですし何より安定しますから検索順位を高めておくことはブログ運営する上では必須の項目です。

 

今回ご紹介したことは基礎的な内容ですが、まだやってなかったということは是非対応するようにしてみてくださいね。

 

当ブログではセミリタイアを大目標として投資・副業・仕事やキャリア・節約に関するお役立ち情報を発信しております。

自己紹介・それぞれのまとめカテゴリのページへのリンクを纏めた記事は以下になりますからお時間のある方はここから読んでみてくださいね。

 

 ↓以下から飛べます↓

okmfirebrog.hatenablog.com

 

 

長くなりましたがこの辺で!!

See you soon!!