共働きカップルが20代でfireを目指すブログ

共働きカップルがfireを目指しながら副業・キャリア・節約・資産運用に関するお役立ち情報を発信します。

ブログのネタがない時はどうすれば良いか?【初心者ブロガー必見!】

ブログのネタがない・ブログを書く気が出ないと行き詰まった時はどうすれば良いか?

こんにちは!おかめです。

 

どうにもブログを書くネタがないよ〜って日もありますよね。

2人で書いていてもブログのネタがなくなるので、現在1人でブログを書いている方もきっと同じような悩みに直面することはあるでしょう。

 

今回はブログのネタがなくて行き詰まってしまった時やどうにもやる気が出ない時にはどのようにすれば良いのかについて私たちの実例を踏まえながらお伝えしていきます。

 

ブログのネタに困っている人や時間のない中効率よくブログ記事を書き進めていきたいという人には参考になると思うので是非読んでみてください。

 

それでは早速行ってみましょう!

 

 

ブログのネタがない時

ブログのネタがない時に私達がやっていることをご紹介していきます。

 

人と話す

「人と話す」というのは一番効果的なネタ探しになります。人と話すことでその人はどのようなことに関心があるか(≒ネタになる)・その人が持っている知識(≒ネタになる)・その人の悩み(≒ネタになる)等の情報が入ってくるため、ネタ探しには持ってこいです。

更に言うと他のネタ探しは自分から能動的に動いて情報収集をしないといけないので、自分の興味や趣向に応じた情報が入ってきやすく情報は偏りがちです。人と話すことで「他人の視点」を得られるので思わぬ出会いがあるかもしれませんよ!✨

 

SNSで情報収集

SNSで情報収集するのも効果的です。

Twitterがメインになるかと思いますが、比較的鮮度の高い情報が流れてくることが多くネタ探しはしやすいです。

ただ時事ネタが多くなりがちであったり、情報の信憑性があるかどうか等は注意する必要があります。

 

本を読む

本は定番です。

とはいえただ本を読んで要約するだけだと他の人もたくさんやっているので競合に埋もれてしまいますから本を読んで得た知識を自分の経験や体験と組み合わせて記事にする、本×トレンドに合わせた記事を書いてみる等多少ずらしてみることがオススメです。

 

人のブログを読む

人のブログもブログのネタの宝庫です。とは言え既にある記事をただただコピーするだけでは価値がない所か盗作になってしまってGoogle様に怒られて自分のコンテンツの順位が下がってしまうことにもなりかねません。

「盗作はダメ絶対!!」ですから注意してください。

他人のブログのネタをそのまま自分の記事にするのではなく、読み込んで少しずらしたり自分の土俵や経験に置き換えて書くようにしましょう。

 

自分の体験を書く

ネタに行き詰まったら自分の体験を書いてみましょう。例えば学生時代にやっていたこと・受験の経験・就職活動・社会人としての立ち振る舞い等の自分の体験は、自分と同じような立場に置かれた人には非常に役に立ちます。

例えば私たちはブログ執筆や筋トレやダイエット等のボディメイクを行っておりますが、実際にやりながら感じたこと・創意工夫の過程を記事にしています。これから始める人たちには役に立つはずです。自分の置かれた立場・状況でしか発信できないことってあるので是非自信を持って発信してみてくださいね。✨

 

 

自分の考えを書く

自分の考えは賛否両論あります。

影響力のない人間が語るような考えなんて誰の需要もないから辞めた方がいいという意見もありますが、私は別に良いじゃないかと思ってます。

逆に自分の考えを全く書かないようなコンテンツだとその人の色が出ません。

その人の色が出ないと結局誰にでも代替できるようなコンテンツになってしまいます。つまり誰かに真似されて終了。。という可能性が。

自分で作るコンテンツなのですから、自分の色を出して自分の考えも多少は書いていくのが良いのではないでしょうか。

勿論自分の考えばかりだと自己満ブログになってしまいますから、自分の考え2:お役立ち8位の割合にしておくのが無難です。

 

アフィリエイトサイトで案件を眺めてみる

これはやる気が出ない時にもやるんですが、アフィリエイトサイトで案件を眺めていると「あ〜これ使ってた商品だ!」「このサービス体験したいと思ってたんだよね」みたいな出会いがあります。

アフィリエイトサイトで案件を眺めるのは別にテレビを見ながらでも映画を見ながらでもできますから、ネタ探しとして是非やってみてください。

ちなみにアフィリエイト案件は審査が必要な場合が多いですから、暇でやる気がない時にサイトを徘徊して興味の案件はかたっぱしから申し込んでみるのがオススメ。

 

ブログを書く気が出ない時

ブログを書く気が出ない時に私達がやっていることをご紹介します。

 

タイトル・リード文だけを書く

ブログの記事を書こうとすると少なくても1,500〜3,000字程度は書く必要があります。少なくとも30分位はそれなりに集中しなければいけないので結構精神を削られますよね〜。。ですのでそういう時はタイトルや最初の導入部分だけを書いてみると良いです。せいぜい300〜500字で済みますし、いつもの書き出しみたいなものが決まっていればそこまで頭を使わなくても書くことができますよ。✨

そして書いているうちにどんどんやる気が出てきて結局全て書き上げちゃえればOKですし、やる気が出ないなあって場合にはタイトル・リード文を何個も用意しておくというのもありかと思います。

 

記事構成だけ考える

タイトル・リード文に加えて、大見出し・小見出しだけ考えるというのもありです。大見出し・小見出しが決まっていればそれに合わせて文章を追加していくだけですから、いざ再開しようという時にもそこまで体力をかけずにスタートできますよ。

(まあこの大見出し・小見出しを作るのが実は結構頭を捻るのですが。。)

 

リライトする

既にある記事をリライトするのもアリです。リライトは結構大切ではあるのですが、後回しにしがちです。私たちも書いたら書きっぱなしになってる記事があるので、どうにもやる気が出ない時はそういった記事をリライトするようにしています。

リライトを定期的に行うことで記事の質が高まり、検索順位も上がります。また、リライトをするにあたってそれが思わぬネタに繋がったりやる気が出たりもするのでオススメです。

 

やる気がある時に書き溜める

ある人は調子が良い日も悪い日も毎日1記事書いた方が良いと言いますが、私は調子に合わせてペースを変えるのは全然ありだと思います。

勿論今日はめちゃくちゃやる気あるぞ!!!という日には何記事か書いたりタイトルとリード文を量産しておくと、やる気が出ない日に比較的ハードルが低くなります。

また、どうにもやる気がない時にサボるためにもストックをしておくのは大切です。

 

思い切ってやらない

やる気がない時には思い切ってやらないというのも手です。

とは言え習慣化するには毎日続けることが非常に大切ですから、極力毎日やるようにした方が良いです。

 

書きかけで終える

人間って0から1にするのは非常に体力・精神力を使うのですが、1から10にするのはそんなに力を必要としません。ですので、敢えてブログの記事を途中までで終わらせておくことも良いと思います。

 

まとめ

今回は「ブログのネタがない・ブログを書く気が出ないと行き詰まった時はどうすれば良いか?」と言うことで、私たちの体験談を元にブログのネタがなかったり、ブログを書く気がない時の対処法をお伝えさせていただきました。

やる気がないまま書くブログだと質も低くなってしまいますからうまく自分のやる気をコントロールしてブログを書くようにしてみてくださいね。

 

当ブログではセミリタイアを大目標として投資・副業・仕事やキャリア・節約に関するお役立ち情報を発信しております。

自己紹介・それぞれのまとめカテゴリのページへのリンクを纏めた記事は以下になりますからお時間のある方はここから読んでみてくださいね。

 

 ↓以下から飛べます↓

okmfirebrog.hatenablog.com

 

長くなりましたがこの辺で!!

See you soon!!