おかめのセミリタイアブログ(副業・キャリア・節約・資産運用)

セミリタイアを目指す20代兼業大家♂×収益6桁ブロガー♀のパワーカップルが副業・キャリア・節約・資産運用に関するお役立ち情報を発信します。

誰でも出版者になれるかも?Amazon Kindle ダイレクトパブリッシング(KDP)で電子書籍を出版する

誰でも出版者になれる?Amazon Kindle ダイレクトパブリッシング(KDP)で電子書籍を出版する【無料でできる】



こんにちは!彼氏です。

 

「人生で一度は自分の本を出版してみたい」こう思った方はいないでしょうか。

 

その夢・・・叶えます。

 

Amazonさんがね。笑

 

茶番はおいといて現在はAmazonさんがインフラを整えて下さったおかげで誰でも気軽に手軽に電子書籍を出版することができるような時代になりました。

元々は自費出版と言う形で自分から出版者に依頼して本を製本してもらい手売りで頑張る・みたいな形でしか個人で出版することはできませんでしたが、今はパソコン一台あれば電子書籍を64億人に向けて出版できるんです。

 

すごい時代になりましたね〜。

 

今回はAmazon Kindleダイレクトパブリッシング(KDP)を利用した出版の方法について書いていきたいと思います。

 

自分の知識やノウハウ・コンテンツを世に出したいという方には電子書籍はピッタリだと思いますので是非読み進めてみてくださいね。

 

 

Amazon Kindleダイレクトパブリッシング(KDP)とは?

Amazon Kindleダイレクトパブリッシング(KDP)とは、Amazonが展開している個人向けの出版サービスです。

Amazon Kindleダイレクトパブリッシング(KDP)の大きな特徴として電子書籍がメインにはなりますが、誰でも無料でAmazonにて出版することができます。

電子書籍ですので、自宅でパソコン一台あれば出版できるので非常に楽ちんですね。

 

電子書籍だからと言って劣るかと言うと決してそうではなく、寧ろ今や電子書籍が全盛の時代になりつつありますから、Amazonの強力な流通に載せて世界中の人に自分の本を届けられるのは非常に良いことだと思います。

 

Amazon Kindleダイレクトパブリッシング(KDP)の費用や印税率について

続いてAmazon Kindleダイレクトパブリッシング(KDP)の費用や印税率について見ていきます。

 

Amazon Kindleダイレクトパブリッシング(KDP)の費用

0円です!!!!(仮)

(仮)としたのは、もし出版にかかる各種作業(電子ファイルの作成・電子ファイルの登録)を自分で行った場合に限られます。。

例えばAmazon Kindleダイレクトパブリッシング(KDP)の代行業者に依頼した場合は勿論費用が発生します。

とは言え代行業者に依頼した場合も費用はせいぜい数万円程度なので初期費用がほとんどかからないというのがAmazon Kindleダイレクトパブリッシング(KDP)を紙の自費出版と比べた時の大きなコストメリットです。

 

Amazon Kindleダイレクトパブリッシング(KDP)の印税率

印税率は紙の出版の場合と比べても優れています。紙での出版の場合は印税率が5〜10%程度なのに比べてAmazon Kindleダイレクトパブリッシング(KDP)の印税率は35か70%を選択できます。70%にする場合はKindleストアでの独占販売、価格設定の制限(250〜1,250円)等の条件があります。ちなみに印税率は変更可能です。

 

Amazon Kindleダイレクトパブリッシング(KDP)の出版のやり方

Amazon Kindleダイレクトパブリッシング(KDP)の出版のやり方をご説明していきます。

 

事前登録

f:id:okmbrog:20201222225358p:plain

https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP/

上記のKDPのサイトに飛んでAmazonアカウントでログインをして事前登録を行います。

マイアカウントのページで、「著者/出版社情報」、「支払いの受け取り方法」、「税に関する情報」を入力します。

著者/出版社情報:
住所、氏名、電話番号を入力します。

支払いの受け取り方法:
印税を受け取る銀行口座を指定します。

 

出版の手続き

f:id:okmbrog:20201222225951p:plain

https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP/bookshelf?ref_=kdp_kdp_TAC_TN_bs

KDPのサイト(https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP)にアクセスして、Amazonアカウントでログインします。有料で販売する場合は「電子書籍または有料マンガ」をクリックします。(漫画の場合は無料でも出すことができますよ)

 

次に3つのパート(Kindle本の詳細、Kindle本のコンテンツ、Kindle本の価格設定)に分類された項目を順に入力します。

Kindle本の詳細
本のタイトル、著者、内容紹介、検索キーワード、カテゴリー等を入力する。

Kindle本のコンテンツ
原稿・表紙ファイルのアップロードを行う。

Kindle本の価格設定
出版地域・印税(30%or70%)・価格等を設定します。

 

ファイル形式は?

原稿ファイルについて、サポートされているファイル形式は以下の通りです。下記ファイルをアップロードすることにより、KDP側でKindle用のMOBIデータに変換されます。

Microsoft Word (DOC/DOCX)
HTML (ZIP、HTM、または HTML)
MOBI
EPUB
リッチ テキスト フォーマット (RTF)
プレーン テキスト (TXT)
Adobe PDF (PDF)

いろいろなファイルから作ることはできるものの基本的にはPDFから作るので良いのかなと思います。 

オススメのツール

Kindle Comic Creator(作品)

Kindle Comic Creatorを使うことで画像データをアップロードしていくだけで簡単に作品を作ることができます。無料で利用できますよ。

Canva(表紙)

Canvaは主に表紙を作るために利用します。様々なデザインを無料で使えるので非常に便利なサービスですよ。

 

まとめ

今回は誰でも無料で電子書籍を出版することができるAmazon Kindle ダイレクトパブリッシング(KDP)をご紹介しました。

もし自分の経験や興味をもとに世に新しいものを出してみたいよ!!と言う方にはとても良い時代になりましたから是非今回の記事をきっかけにして電子書籍を出版してみてくださいね。✨

 

当ブログではセミリタイアを大目標として投資・副業・仕事やキャリア・節約に関するお役立ち情報を発信しております。

自己紹介・それぞれのまとめカテゴリのページへのリンクを纏めた記事は以下になりますからお時間のある方はここから読んでみてくださいね。

 

 ↓以下から飛べます↓

okmfirebrog.hatenablog.com

 

今回の記事が皆様の役に立てば嬉しいです。

長くなりましたがこの辺で!!

See you soon!!