おかめのセミリタイアブログ(副業・キャリア・節約・資産運用)

セミリタイアを目指す20代兼業大家♂×収益6桁ブロガー♀のパワーカップルが副業・キャリア・節約・資産運用に関するお役立ち情報を発信します。

キッザニアの割引券!ジャパンベストレスキューシステムの端株優待・銘柄分析

 

f:id:okmbrog:20210124195810p:plain

https://www.jbr.co.jp/corporate/company/

こんにちは!彼氏です。

 

前回の記事から結構空いてしまいましたが、1株優待銘柄分析ということで今回は「ジャパンベストレスキューシステム」についてご紹介していきます。

 

あまり聞き慣れないかもしれませんが、24-365で総合生活トラブル解決サービスの生活救急車を全国展開しています。

 

また、キッザニア東京・甲子園を運営していることもあり1株持っているだけで隠し優待として20%割引券を貰えます。

 

投資を始める第一歩としてオススメな1株優待銘柄ですので是非まだ持ってないという方は読んでみてくださいね。

 

それでは早速いってみましょう!

 

 

ジャパンベストレスキューシステムの事業内容

会社案内(https://www.jbr.co.jp/)から抜粋した事業内容は以下です。

 

・365日対応の総合生活トラブル解決サービス「生活救急車」を全国展開
・カギ、水まわり、ガラス、パソコンのトラブルサービスなど様々なお困りごとに対応
・提携法人に代わってコールセンターの運営から出動までを代行する「企業提携事業」を展開
・トラブルに備えたサポート会員制度も各種展開

 

会社名からもわかるように何か生活環境でトラブルが起こった際に解決するぞというようなお助けサービスをメインにしています。

 

続いてジャパンベストレスキューシステムの各セグメント毎の販売実績は以下です。

f:id:okmbrog:20210124120608p:plain

https://www.jbr.co.jp/corporate/company/



会員・保険が売上の大多数を占めています。

「会員」は入居サポートや何かあった時のトラブルサポートで「保険」は住まい保険や傷害保険・損害保険等になります。

 

割と継続的にインカムがあるような堅い商売になりますのでそれが売上の大多数を占めるということで結構安定しているといえます。

 

「会員」事業の売上こそ減少しておりますが、これは採算が悪化していたdリビングというサービスを終了し、収益性の高いサービスにシフトしたことで利益率を高めたものですから問題ないです。


また今後への投資として「ライフテック」事業に力を入れ始めており会員や不動産賃貸業者向けの新サービスを開発するなど精力的に時代の変化に向けて対応していこうとしている印象です。

 

ジャパンベストレスキューシステムの株価情報(推移)

f:id:okmbrog:20210124123455p:plain



ジャパンベストレスキューシステムの株価は2019年4月を天井に現在はほぼその半分の値段である800円前後で推移しております。

コロナウイルスにより、駆けつけ需要が下がったり景気減退による会員事業の客離れ等が予想されて一時は大きく株価を落としたものの多少復調している形。

 

とは言え2017年くらいまでは株価が200円台だったことを考えると比較的高い水準にありますね。

 

不況下はこういった生活必需系の会社の業績は伸びたり株も買われやすいので比較的人気銘柄である気がします。

 

 

ジャパンベストレスキューシステムの業績推移(売上・経常利益)

2年間の売上・利益の推移です。

f:id:okmbrog:20210124124146p:plain

https://ssl4.eir-parts.net/doc/2453/yuho_pdf/S100KE9R/00.pdf

f:id:okmbrog:20210124124208p:plain

https://ssl4.eir-parts.net/doc/2453/yuho_pdf/S100KE9R/00.pdf

 

コロナ渦でありながら売上を伸ばしています。

しかしながら販売費及び一般管理費が増加した結果営業利益・経常利益共に減収しています。。

 

ただ、この要因はライフテック事業と損保会社を新たに設立するにあたってかかる先行投資的な意味合いが強いです。

主力である会員事業・保険事業は引き続き好調を維持しているため全体としては安定していると言えると思います。

 

むしろ在宅勤務が主流になってくると、各家庭にいる時間が伸びる結果何かあった時のトラブルに備えて会員になろうかなという人は増えることが予想されますし、先行投資的な意味合いの強いライフテック事業や損保会社も本格的に稼働してくると業績はさらに改善していくのではないでしょうか。


ジャパンベストレスキューシステムの財務内容

ジャパンベストレスキューシステムの財務内容の推移です。

f:id:okmbrog:20210124194827p:plain

https://www.jbr.co.jp/ir_info/attachment/

 

固定負債・流動負債共に増加してはいますが、これは会員事業の前受収益と長期前受収益が要因です。

結果として資金繰りには好影響をあたえており、財務基盤は非常に安定しています。

 

 

 

ジャパンベストレスキューシステムの配当・株主優待

ジャパンベストレスキューシステム配当利回りは1.92%です。

それに加えて1株でも持っていれば優待としてキッザニア東京・甲子園の20%OFFの割引券を貰えます。

例えばキッザニア東京は子供が2,950円〜5,800円・大人が1,950円〜2,050円となかなかいいお値段しますので結構お得ですよ。

また優待券が1枚あれば最大19名まで同時に利用できますから友達といくみたいな時にも喜ばれますね。✨

 

1株900円程度なので持っておく分には良いのでしょうか。

 

考察 

業種としてはディフェンシブな系統に属していることもあり、コロナの悪影響を受けることなくむしろ業績は拡大傾向にあります。

また不況下の中でも豊富な手元資金を生かしながら新規投資を積極的に行っていく姿勢があり、今後の業績の拡大も見込める会社であると言えます。

 

まとめ

今回はジャパンベストレスキューシステムの銘柄分析をしました。

 

コロナ渦でも安定して利益を出しながら、新規事業への投資も惜しまない積極性のある会社ですし、1株持っているだけでキッザニア東京・甲子園の20%オフの割引券がもらえる太っ腹な会社です。

 

1株であれば絶対に持っていて損はないので是非検討してみてください!

 

 

1株単位で買いたい場合は SBIネオモバイル証券がおすすめなので開設していない場合は是非はじめてみてくださいね。✨

 

↓バナーから飛べます↓ 

 

当ブログではセミリタイアを大目標として投資・副業・仕事やキャリア・節約に関するお役立ち情報を発信しております。

自己紹介・それぞれのまとめカテゴリのページへのリンクを纏めた記事は以下になりますからお時間のある方はここから読んでみてくださいね。

 

 ↓以下から飛べます↓

okmfirebrog.hatenablog.com

 

  

長くなりましたがこの辺で!!

See you soon!!