おかめのセミリタイアブログ(副業・キャリア・節約・資産運用)

セミリタイアを目指す20代兼業大家♂×収益6桁ブロガー♀のパワーカップルが副業・キャリア・節約・資産運用に関するお役立ち情報を発信します。

在宅でもできる副業でオススメなWebライターの稼ぎ方をご紹介

在宅でもできる副業でオススメなWebライターをご紹介

こんにちは!彼氏です。

 

今でこそ2人で頑張ってブログを運営しておりますが、ここに至るまで特に私は大学生時代からただのアルバイトをするのが嫌だったので色々な副業に取り組んではやめ取り組んではやめというのを繰り返してきました。

 

それなので無駄に副業に関する知識はあります。

そんな私が大学生時代にメインの副業としてやっていたWebライターの副業について今回は取り上げていきます。

 

少し慣れれば時給単価3,000円超えは狙える副業ですから特に大学生や主婦の方などにオススメです。

 

今となってはこの時に培ったWebライティングの経験がブログ記事の執筆に非常に役に立っている(はず)のでやっていて良かったなーなんて思ってます。

 

専業なら月30万円は余裕で狙えると思うので今後の独立を考えている方にもオススメ。ちなみに私は楽なアルバイト(監視員みたいなやつ)をやりながらWebライティングの副業をやっていたので相当稼いでいた月もありました。。真似しないでくださいね笑

 

それでは早速行ってみましょう!

 

 

Webライターってそもそもなんぞや

そもそもWebライターってなんだっけ?と思った方はこちらからお読みください。

 

Webライターは、Webサイト上のコラムやエッセイ、広告の文章や商品の説明文などを書く人のことを指します。 

例えば「Mery」とか「RETRIP」に載っている記事はWebライターの方が書いたものです。私たちが遠い将来「おかめずブログ」の記事を外注した場合はWebライターの方に書いてもらうことになります。

 

読みやすく簡潔ながら引き付けられる文章力、検索結果で上位表示されるようなSEOの知識などが求められます。

 

Webライターに必要なスキルって?

私がWebライターをやってみて感じたWebライターとして必要なスキルは以下です。

・文章力

・構成力

・タイピングスキル

・コミュニケーション力

・情報収集力

 

文章力

Webライターに仕事を依頼するメディア媒体の気持ちになってみてください。

誤字脱字があって支離滅裂な文章を書いている人には依頼したいとは思いませんよね?わかりやすく引き込むような文章が書けるライターさんは引っ張りだこです。

 

構成力

Webメディアはスマホで読む人も多いので、パッとみてもわかりやすいような構成が求められます。

 

良くあるのがこんな感じの構成です。

リード文

大見出し

中見出し

中見出し

中見出し

大見出し

中見出し

中見出し

中見出し

大見出し

中見出し

中見出し

中見出し

まとめ

 

この構成に当てはめて短時間でそこそこ良い記事を書けるようになれば時給単価はどんどん上がっていきますよ。✨

 

タイピングスキル

せっかく頭の中でうまく構成ができていてもそれを文字に落とすために必要なタイピングスキルが伴わないとWebライターとして収入を上げていくことは難しいです。

早く正確な文章を書けるようになると単価も上がります。😆

 

コミュニケーション力

Webライターとして一番必要と言っても過言ではないスキルです。

クライアントときちんとしたコミュニケーションを取って満足してもらえるような記事を書き上げることで次以降の受注に繋がる可能性が出てきます。

特にメールや電話など非対面のコミュニケーションがメインとなることが多いのでその場合でも齟齬のないように最新の注意を払ってコミュニケーションを取るように心がけましょう。

 

情報収集力

自分の知識だけで書けるようなWebコンテンツはそんなに多くありません。

ですので、情報収集の力が大切でこれを効率よくこなせるようになると質の高い記事を短期間で仕上げることができるようになりますよ。

 

仕事の見つけ方は?

Webライターとしての仕事の見つけ方は2パターンあります。

クラウドソーシング

専属ライター

 

クラウドソーシングについては以下の記事をご参照くださいませ。

 

 

okmfirebrog.hatenablog.com

 

 

専属ライターについては、半年ほどやっていた経験があるのでその経験をもとにご説明しますね。

 

専属ライターはその会社に専属のライターさんです。

Webページを見ているとそのページの最後やバナーなどに「ライター募集中」の文字が書いてあるのを見たことがあるのではないでしょうか。

 

そこから応募して合格すると見事専属ライターです。

経験必須のものもありますが、中には未経験歓迎の会社などもあるのでそう言ったところから申し込んでみるといいかもしれませんね。

 

専属ライターは継続的に案件が入ってくるため収入が安定しやすかったり、メディアが限定されているので専門性が高くなるところが大きなメリットだと言える反面記事数や文字数・期日などの縛りが出てきたりそもそも経験者じゃないと合格しないなどのデメリットもあります。

 

個人的にはまずはクラウドソーシングで実績を作った上で、その実績をもとに専属ライターにも応募していくのが一番スムーズで稼ぎやすい流れであると思います。

現に私もそのようにやっていました。

 

具体的な事例をご紹介

大学生時代の私の体験をもとにそれぞれどれくらいやれば月1・5・10・30万円と稼げるのかについてご紹介していきます。あくまでもご参考程度に見てみてくださいね。

 

月1 万円コース

月1万円であれば結構初心者でも初月から狙うことができます。

クラウドワークスにて文字単価0.2円(500字100円の案件)〜0.5円の案件(500字250円の案件)を20〜100個こなせばOKです。

500字だと10分程あれば書けてしまうので最短で3〜5時間ほどで稼げます!

ぶっちゃけ500字程度の案件であればゴロゴロ転がっておりますから適当に興味のある案件を選べばOKです。

 

ただ正直500字程度だと正直ライティングの能力はそこまでつきません。。

 

月5万円コース

月1万円コースでそれなりに経験を積んだ後は文字単価1円程度の案件に取り組んでみましょう。

文字単価1円の案件は1,000字〜3,000字程度の場合が多いので多少大変ではありますがライティング能力は高まります。

 

クラウドワークスにて文字単価0.5円〜1円の案件に取り組みます。

0.5円の案件であれば100,000字・1円の案件であれば50,000字程執筆します。

 

大体1,000字書くのに15〜30分程かかりますから、時間にして最大50時間程(1日1.5時間位)を執筆にあてるイメージですね。

 

ちなみにブログ記事は3,000字程度で書くのが割と普通なのでここで慣れてみましょう。

 

私は良くクレジットカードの記事や旅行の記事などに取り組んでいました。

 

月10万円コース

月10万円を狙おうと思うと単価をさらに上げて文字単価1〜2円の案件に取り組むか時間を100時間程(1日3時間)時間を取る必要があります。

 

月5万円を稼げるような人であれば実績は十分ですので単価をあげるのは無理ではない話です。

 

もしクラウドワークスやランサーズを利用しているのであれば、「プロジェクト」と呼ばれる継続して受ける所謂専属ライターのような働き方にも応募していくのが良いかもしれません。

 

「プロジェクト」の場合は例えば恋愛に関する5,000字以上の記事をこの期間までに○本執筆してくださいというような契約の仕方をします。

 

ある程度の責任を伴いますがその分単価は高く効率的に稼げますし、実践的な知識が身につくはずです。

 

知識・スキル・経験ともにバッチリな状態かと思うのでここまで来てしまったら自分のWebメディアを立ち上げてしまってもいいかもしれませんね。✨

 

まとめ

今回はWebライターの副業ということで、「Webライターとは」から始まり必要なスキル・具体的な仕事の取り方・稼ぐ額や稼働率のイメージなどをざっくりとご紹介させていただきました。

 

今は誰もがWeb上に自分のメディアを持てる時代ですからWebライターの副業はこれからも需要が増えていくことでしょう。

 

未経験者からでも問題なく始められる副業ですから「時間ができちゃったけどなんかやることないかなー」と思った人は是非取り組んでみてくださいね。

 

当ブログではセミリタイアを大目標として投資・副業・仕事やキャリア・節約に関するお役立ち情報を発信しております。

自己紹介・それぞれのまとめカテゴリのページへのリンクを纏めた記事は以下になりますからお時間のある方はここから読んでみてくださいね。

 

 ↓以下から飛べます↓

okmfirebrog.hatenablog.com

 

長くなりましたがこの辺で!!

see you soon!!