おかめのセミリタイアブログ(副業・キャリア・節約・資産運用)

セミリタイアを目指す20代兼業大家♂×収益6桁ブロガー♀のパワーカップルが副業・キャリア・節約・資産運用に関するお役立ち情報を発信します。

外資系ITエンジニアが語る「システムエンジニア」の残業について

 システムエンジニア

 

こんにちは!「おかめ」です。

今回は「システムエンジニア」の残業について纏めてみたいかなと思います。

女性であれば特に気になるワークライフバランス。「家事と両立できるの?」であったり「ちゃんと帰れるの?」というような疑問があるでしょう。

 

そう言った疑問に対して私や彼氏くん(彼氏もシステムエンジニアをやってます)の実体験を踏まえながら解説していきますね。

 

尚、開発と運用担当に分けてご紹介しますから、システムエンジニアがどれくらい忙しいんだろうと気になっている人は参考にしてみてくださいね。

 

早速行ってみましょう!

 

 

基本的な1日の流れ(開発担当)

ベンダー側企業の場合

9:00 出社する。メールチェック。

9:30 朝の打ち合わせ。本日の作業を確認。

10:00  コーディング開始。適宜詰まったらwebで検索したり有識者に聞く。

12:00 お昼休憩

13:00 コーディング再開。適宜休憩を取りながら作業。

18:00 夜の打ち合わせ。進捗を確認。

18:30 退社。

 

ベンダー側企業の作業は実際の物づくりが中心となりますので打ち合わせに参加するのはベンダー側企業の場合マネージャークラスとなります。

マネージャークラスから振られたコーディングの作業を淡々と進めていくことが中心なります。コーディングの作業が好きな人であればうってつけかもしれませんね。

 

ユーザー側企業の場合

9:00 出社する。メールチェック。

9:30 ユーザーとの打ち合わせ資料を作成。

10:00   現場担当者と打ち合わせ。画面の仕様をについて問題ないか確認する。

11:00 ベンダー側企業と打ち合わせ。現場担当者との打ち合わせを踏まえ作業を依頼。

12:00 お昼休憩

13:00 各種計画書の作成(テストの計画書など)

15:00 計画書についてできたところ迄で上席と認識合わせを実施。

16:00 認識合わせの内容をもとに計画書を修正。

18:00 退社。

 

ユーザー系企業の作業は現場担当者とベンダー系企業の間に立って仕様の細かなすり合わせをしながら細部を詰めていく調整や実際のシステム開発の計画書を作成する作業が中心。

建設業に例えるならばユーザー系企業は現場監督・ベンダー系企業は現場作業員のようなイメージです。

ユーザー系企業であれば長時間の残業はそんなに多くは発生しません。

 

ベンダー系企業でコーディングがうまくいかないとかバグが沢山発生してしまうと言うような不運な事象に見舞われてしまった場合は残業が発生することは勿論あります。

 

たまには終電ギリギリになることも勿論あります。。

 

基本的な1日の流れ(運用担当)

9:00 出社する。メール確認。

9:30 朝の打ち合わせ。意図していないエラーが出力されていないかを確認。

10:00  エラーがあれば対応、各種ユーザーからの照会事項に都度対応する。

    エラーがない場合はユーザーに月次で還元する資料を作成していく。

12:00 昼食休憩。

13:00 エラーがあれば対応、各種ユーザーからの照会事項に都度対応する。

    エラーがない場合はユーザーに月次で還元する資料を作成していく。

 17:30  夜の打ち合わせ。エラーがないかを確認。

18:00   退社。

運用担当は毎月同じようなルーティーン作業が中心です。

エラー対応が入ると結構突発的でピリピリした空気感でやる必要がありますが今までに見たことのないエラーというのは滅多に出るものではないため慣れてしまえば働きやすくワークライフバランスも比較的保ちやすいです。

 

ただ、どうしてもメンテナンス作業で月に1回程度休日に出社する必要があるのでそこはちょっと大変かもしれません。

 

また、運用担当あるあるとして障害電話当番みたいなものを任されることがあります。

これは担当しているシステムにエラーが発生した場合に緊急で電話がかかってくると言うもので24時間365日稼働しているシステムですから業務外の時間帯も電話を受ける必要がある訳です。

 

特に場合によっては深夜の寝る前とかに電話がかかってくるのは結構ストレスかもしれないです。。

 

勿論タダでやると言うわけではなく電話を持っている時間は業務の一環として時給〇〇円と言う形でお金が支払われますからそこは安心です。

 

おかめの会社は週に3日電話当番をやっていますが月6万円ほどの収入になっています。

(ぶっちゃけ障害電話はそんなにかかってくるものではないので正直美味しいといえば美味しいです。😆✨)

 

残業は月何時間くらい?

開発・運用ともに通常は20〜30時間程です。

勿論繁忙期は残業が多かったりもしますしますし、暇な時は残業がゼロみたいなこともあったりもしますから日によってバラバラではあります。

 

現在はリモートワークで仕事をできるようになってきていますから1日1〜2時間程の残業であれば特に問題なく実施できるかなと思います。(おかめは特に無理なく働けています。)

 

勿論会社にもよりますし担当する案件にもよりますから一概にはいえませんがそれでもシステムエンジニアは比較的ワークライフバランスを維持しやすい仕事なのではないかなと思います。

そして営業のような理不尽な要求はきちんとした会社に入れれば絶対にないので安心して働き続けることができます。もし仮に絶対この職場が嫌だと思った場合はまともな会社であれば休ませてもらうこともできますし(その場合の給料は必ず支払われます)、異動させてもらうこともできます。

 

また、システムエンジニアとして一定の業務経験を積んで、スキルを身に付けていれば転職することも非常に簡単ですから今の時代においては比較的お勧めできる仕事であると言えるのではないでしょうか。

 

まとめ

今回はシステムエンジニアの1日の流れについてご紹介しました。

開発や運用担当で異なりますが基本的に決められた時間内で作業をすることが求められますからワークライフバランスは保ちやすいと思います。

もちろん担当している案件が炎上してしまった場合は残業祭りになりますが。。笑

個人的には運用かユーザー側の開発エンジニアがよりワークライフバランスを保ちやすいのでオススメです!

 

就活であったり転職を考えている方の企業選びに役立てば幸いです。

尚、もし未経験だけどエンジニア就職したいぞ!!と言うような方は就職斡旋付のプログラミングスクールが結構あったりするのでそう言ったサービスを受けてみるのがオススメです!✨

無料のサービスもちらほらあるので是非狙ってみてください!! 

 

DMMWEBCAMP

これは転職サイトではありません。

IT業界にエンジニアとして転職するためのプログラミングスクールです。

ただのプログラミングスクールではなく転職保証付なのが特徴です。受講満足度も90%以上と高いです。

私の友人で銀行の一般職に勤めていた子がDMMWEBCAMPを受講して、IT企業へと転職しました。

受講料は約50万円と高いですがその価値はあったと言っていました。✨

バナーから飛べます↓↓ 

 

 

プログラマカレッジ

これまた無料のITスクールです。

無料で学べて企業への就職支援も手厚いです。

受講期間は1〜3ヶ月と長く、就職率も96.2%と高いです。

専任のキャリアカウンセラーもついてくれるので進路指導も安心です。

無料且つ就職支援も受けたいという人にはオススメなサービス。✨

紹介可能企業には

サイバーエージェント

・LINE

楽天

ソフトバンク

リクルート

等の有名大手もたくさんあります!!(すごいなこれ)

しかも今なら登録して面接にいくだけでクオカードを1000円分もらえます。

バナーから飛べます↓↓

 

当ブログではセミリタイアを大目標として投資・副業・仕事やキャリア・節約に関するお役立ち情報を発信しております。

自己紹介・それぞれのまとめカテゴリのページへのリンクを纏めた記事は以下になりますからお時間のある方はここから読んでみてくださいね。

 

 ↓以下から飛べます↓

okmfirebrog.hatenablog.com

 

それでは長くなりましたがこの辺で!!

See you soon!!